会社概要

企業概要

会社名 株式会社太田工業所
代表者名 代表取締役 竹中克明
創業 昭和21年10月
設立 昭和28年6月設立
事業内容

金属加工 鉄道車輌、建設機械のパイプ部品(手摺、吊手棒、床下配管、油圧配管等)

ステンレス・鉄パイプなどの曲げ、溶接、研磨仕上げ、金属切削加工

従業員数 21名(うち女性6人)(役員除く)
所在地 愛知県豊明市前後町五軒屋1510番地の2
TEL/FAX 0562-97-3171/0562-97-3173
資本金 1,000万円
営業品目 鉄道車両部品・産業機械部品・手すりなどの建材
加工技術 パイプ材の切断・曲げ・磨き・溶接加工(鉄・ステンレスなど)
愛知県知事許可 愛知県知事 許可(般一28)第49454号
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、名古屋銀行、十六銀行、瀬戸信用金庫、碧海信用金庫(順不同、敬称略)
主要取引先

日本車輌製造株式会社、名古屋鉄道株式会社、新家工業株式会社、財団法人名古屋市住宅供給公社、

近畿車輛株式会社、共栄実業株式会社、JR東日本テクノロジー株式会社(順不同、敬称略)

 

経営方針

~パイプ材加工技術を通じて、日本のものづくり基盤技術に貢献します~

当社は、1946年から75年の歴史を持つ鉄道車両用部品製造業(パイプ加工業)者です。

現在では、鉄道業界の製品での技術を活かし、建築業界や、機械配管の製品、

介護関連の手摺製作等、新規事業の開拓にも積極的に取り組んでおります。

高い技術を背景とした高付加価値製品を提供し続けることで、
高品質・低コスト・短納期(QCD)のものづくりを一層磨き上げてまいります。

沿革

1946年 太田兼松、名古屋市瑞穂区新瑞橋に「株式会社太田工業所」設立
鉄道車両部品の製作 艤装工事請負
1969年 名古屋鉄道㈱殿 気動車年次点検工事開始
1971年 日本車輌製造㈱殿 建設機械部品製作
1971年 工場を豊明市前後町に移転
1984年 名古屋市交通局殿 車両修繕工事及び部品製作
1987年 代表取締役社長に草間實が就任
1988年 建築構造物のステンレス部品製作
2006年 代表取締役社長に竹中克明が就任
2016年 平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」採択により
三菱3Dレーザー加工機導入
2017年 平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」採択により
BLM9軸CNCパイプベンダー導入
2017年 受注量増加に伴い、工場を拡張
2020年 働き方改革に向けて生産管理ソフト導入、生産管理ソフト「TED」運用開始
2021年 全行程の内製化推進のためヤマザキマザック製「INTEGREX j-200S」導入

アクセス

〒470-1151 愛知県豊明市前後町五軒屋1510-2

お問い合わせ

CONTACT

TEL.0562-97-3171
FAX.0562-97-3173[受付時間] 08:00~17:00

LINEで友だちになる

※フルネームでご記入くださいませ。
※フルネームでご記入くださいませ。
※繋がりやすい番号をご記入くださいませ。
※こちらにお問い合わせ内容をご記入くださいませ。
※5MB以上のデータを添付される場合には、zip圧縮をかけてご送付ください。